ガードマン氏、クライアントいてもいなくても平等でしょ

オペをしているとところどころでガードマンを見ます。電信柱の工事仕事や、路地の工事仕事では確かに、当方を安全にしてくれている感じは行なう。たとえば、交互に対向車を通過するらなど。これは明らかにガードマンが必要です。しかし、別はこの人いてもいなくてもおんなじじゃない?とおもうことがほとんどです。たいてい審理でガードマンを置かなければいけないらしいですが。ガードマンのおやじじたいが邪魔であんたが邪魔だよと想うことが多いです。あとは、あの棒を振っているのだけど、だらだら振っていて、いてもいなくても宜しいような。それとワークショップのパーキングに2それぞれもガードマンがいるんです。はっきり言っていなくても何一つ、困りません。一人でも多いのに、2それぞれもいるんです。玄関におるだけだから、中に入って人と接触しても任務は取ってくれません。どっちみち両者もいるのなら、誘導して人と接触しないようにすべきじゃない?といつも思って見てます。玄関に立ってたってメリット無いでしょと。これだって、ワークショップのビビッから、租税を使っているんでしょう。酵素 痩せる