古第三紀や新第三紀などについて習得をした

古第三紀や第四紀などについて授業をしました。古第三紀の温かい海には大形yes孔虫のカヘイ石が、また古第三紀から新第三紀にかけての汽水には巻き貝のビカリアなどがすんでいました。日本ではビカリアの産出は総じて新第三紀中新世の地層に限られます。ナウマンゾウは、明治時代に日本の地質からくりを調査したエドムンド・ナウマンにちなんで命名されました。植物では裸子植物にかわって裸子植物のバラエティ化が進みました。しかし、古第三紀後期(約3000万時世正面)には冷温化に転じ、新第三紀前期(1500万時世正面)以降はちっちゃな変動はありましたが、基本的に冷温な日和が続き、250万時世正面内から氷河ができはじめました。次は、第四紀についてだ。第四紀は新生代の最後の260万年間であり、きわめて冷温なご時世(氷河)が何度かありました。このようなことを覚えましたが、知らなかったことが極めてあったので知れて良かったですし、時間があるときに復習しよだ。http://www.smile-fukushima.jp/