高校生生計最後の事象リサーチの転機を作ってくれた船長のワンポイント

時機は春ももうおわりを迎える5月の連休明けのことでした。
こちらが通っていた高校生では5月の末に球技フェスティバルがありました。
球技フェスティバルと言っても参加するのは実行部加入の学徒というボランティアの学徒が競技に参加するだけで、
他の学徒は競技を見ていらっしゃるのみが。
こちらは実行部にも所属しておらず、また実行地雷が良いわけでもなかった結果、
事例2回の球技フェスティバルに参加しませんでした。
こちらが所属していたのは文芸部という方策のお試合類的部活でした。
そういったわけで、球技フェスティバルのことなどとりわけ意思にもせずに部室で延々と過ごしていました。
但し、今年はしょっちゅうと違いました。
適切月曜日の対応だったと思います。
少し遅れてきた部長が勢い良く部室の玄関を開けて言いました。
「お前陣、球技フェスティバルに参加するぞ!」
有無を言わせぬ部長の風貌は鬼気押し迫るものがありました。
何かあったのかってこちらが尋ねると
「現在、陸上部のやつにバカにされた。口惜しいから球技フェスティバルで連中を徹底的に滅ぼしたんねん」
その一言でメンバーたちは全体を悟りました。
こう言いだした部長を誰にも止められないのは我らが一番可愛く知っていたからです。
そうして、高校生暮し最後の球技フェスティバルに私たちは参加することになりました。
今にして思えば、こういう侵入があったからこそ、何も楽しいことがなかった高校生生活に
唯一のメモリーができたとしている。脱毛ラボ スピードコース